黄色いバネシトロ

通算5台目の仏車 シトロエンDS3のことを中心に書いていこうと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうしたんだい ヘヘイ ベイビ

サンバーバンに乗って会社に向かっていました この頃はガソリン高騰のためサンバーで通勤することが多いです 何か今日はエアコンの効きが悪いなとか思いつつ ふとメーターを見ると
0921sum1
バッテリーと触媒高温の警告灯が点いてる
車が停められそうなところを探し ホームセンターの駐車場に滑り込む この頃にはパワステも効かなくなっていました
エンジンを止め もう一度かけようとしてもセルは回らず とりあえず会社に電話し遅れることを連絡 DriveAid(JAFみたいなところ)にも電話を入れ車載車を手配してもらう 
いつも修理してもらうスバルやさんにも電話をするが「水曜日は定休日です」との留守電の声 「えー 今日 水曜日じゃん」
もう一度会社に電話し 他のスバルディーラーがやってないかをネットで調べてもらうと「名古屋スバルはどこも水曜定休です」を明るい声で教えてくれました
あうあう

30分後 車載車到着 もう一度サンバーのセルを回すとエンジンかかりました どうやら短い距離は動けるみたいです サンバーを車載車に載せて 運転手のおっちゃんにスバル直せる修理工場知らないかと聞いてみましたが 知らないということなので 仕方なく家の駐車場まで運んでもらいました
そして 407に乗り換え会社に向かいます 2時間の遅刻でした

翌日 スバルやさんに電話して土曜日に持って行くことを伝えます そしてネットで調べてみるとオルタネーター不良でぜんぜん発電していない状態のようです

土曜日 サンバーを家の前まで移動させます わずか30m位離れた駐車場に止めてあるのですが道が一方通行のため回り道をしなければなりません エンジンをかけて走り出しましたが もうちょっとというところでエンジンストップ どうにか惰性でたどり着きました

まずはバッテリーを外して家で4時間ほど充電します その間に荷室に載っている物を下ろして家に運びます サンバーには重量35kgのインフレータブルボートや27kgの船外機など釣りに使う道具が満載してありますので結構重労働です 何故、荷物を下ろさないといけないかというとサンバーのRRという構造のためです リアにエンジンがあるためプラグやオイルの交換等はバンパー部分を開けるだけでいいのですが今回のような場合は荷室にあるメンテナンスフードを開ける必要があります さて、荷物を下ろしてフードを開けてみるとオルタネーターとかに掛かっているベルトがだらだらになっています どっかの部品が飛んだみたいです

バッテリー充電も終わり いよいよスバルやさんに出発です
0921sam2
一応 予備バッテリーとケーブルも積み込み 助手席下のバッテリーにもすくアクセスできる状態にしています
 
家からスバルやさん迄は地下鉄1区間の距離 結構近いです 最短で行く道順は片側3車線の幹線道路 しかも最後に右折しなければなりません 途中で止まったらすごく迷惑かけそうなので 回り道ですが裏道を使うことにします
しかし 裏道、結構渋滞しています 場所は瑞穂競技場のそば そういえば今日 グランパスの試合あるんだっけ でも、予備バッテリーを使うこともなく無事スバルやさんに到着しました

サービスの方に見てもらうと 「クランクプーリーがありません」とのこと「えー、クランクプーリーってそんなに簡単にどっかいっちゃうもんなの?」

「明日には部品入るので治りますよ」 とのことなので預けて帰ることに スバルやさん仕事速いね 修理代も1万3千円くらいとリーズナブル

帰りは天候もよかったので歩いて帰ることにしました いやー、普段車で通りすぎると気付かないような発見がありますね






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/09/23(火) 00:27:25|
  2. サンバーバン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<アルシオーネSVXを見に行く | ホーム | 407 車検終了>>

コメント

初めまして

たいした事が無くてよかったですね。貴殿のブログは大腿骨頭壊死からヒットしてから時々立ち寄らせてもらっています。釣りの方は再開出来たのですか?自分も同じ病気にかかり、骨切り術後9ヶ月半です。釘抜きはまだまだ先と思います。差し支えの無い範囲で、現在のご快復ぶりをお聞きしたいのですが?宜しくお願いします。
  1. 2008/09/25(木) 09:50:19 |
  2. URL |
  3. 経過観察中の抵抗 #-
  4. [ 編集]

快調です

>経過観察中の抵抗さん
はじめまして 特発性大腿骨頭壊死の手術から2年以上たちました もうリハビリも終了し定期点検で1,2ヶ月おきに通院している状態です
幸い逆側の足に症状が現れることもなく 普通に仕事や日常生活を送っています 
ただ、正座やあぐらはできません でも、お坊さんみたいに正座する仕事でないので問題はありません

経過観察中の抵抗さんもあと3ヶ月位で抜釘手術だと思いますが ホント簡単に済みますよ 
身体に気をつけて無理せずおすごし下さい
  1. 2008/09/27(土) 19:48:08 |
  2. URL |
  3. ororon #-
  4. [ 編集]

励みになります

早速のお返事ありがとうございます。仕事はもちろん普通の生活が出来てなによりですね。自分は正座は出来ますが、なんだか怖いのでやりません。あぐらは金具が突っ張る感じがするので、あぐらもどきで座っています。早く船釣りを再開したいのですが、来月診察なので聞いてみようと思います。また相談にのって下さい。宜しくお願いします。
  1. 2008/09/30(火) 14:14:50 |
  2. URL |
  3. 経過観察中の抵抗 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ororon.blog34.fc2.com/tb.php/123-7fc7ff99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ororon

Author:ororon
名古屋在住の釣り好き仏車乗り
5台目の仏車に選んだのはコンパクトスポーツ シトロエンDS3でした

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。